八幡次郎好酉の鳥紀行





台湾 大雪山 鞍馬山荘 近郊
八幡自然塾日本の鳥旅先の鳥旅先の花木旅先の蝶鳥紀行好酉の世界



 
<<Home Page
ホシガラス (星鴉)

写真①
① ホシガラス 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh
ホシガラス 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/03/01 Photo by Kohyuh



写真②
② ホシガラス 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh
ホシガラス 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/03/01 Photo by Kohyuh



写真③
③ ホシガラス 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh
ホシガラス 成鳥  鞍馬山荘近郊
大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa,
Dasyueshan National Forest Recreation Area,
Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh



写真④
④ ホシガラス 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh
ホシガラス 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/03/01 Photo by Kohyuh



写真⑤
⑤ ホシガラス 成鳥 鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾 near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan 2012/03/01 Photo by Kohyuh
ホシガラス 成鳥  鞍馬山荘近郊 大雪山国家森林遊楽区 台湾
near by Anma Villa, Dasyueshan National Forest Recreation Area, Taiwan
2012/03/01 Photo by Kohyuh



 ホシガラス (星鴉) *205 *214 2012/07/13
スズメ目 Passeriformes
カラス科 Corvidae
 学名 Nucifraga caryocatactes
 英名 Nutcracker
 全長 (L) = 34 cm

 雌雄同色

戻る 2012年 3月 1日 次へ
 キンバネホイビイを撮っていたらホシガラスが松の木のてっぺんにとまっているのが目に入った。

 初見にもかかわらず、これがホシガラスだろうという見当がついたのは正解だった。 松ぼっくりを食べているように見えたが、この時期では花芽だろうか。






 これまでいろんなカラスの仲間たちとの出逢いがあった。 そして、その度に図鑑などで調べていたのだが ・・・ その際に、このホシガラスのことも、見るとはなしに目に入っていたのだろう。





ホシガラスの不思議な行動
 そのホシガラスだが、時おり飛び出しては円を書くようにして、また、元の松の木のてっぺんに帰って来るということを繰り返していたのだ。 それは、あたかもノビタキフライングキャッチをしているような飛び方だった。

 なるほど、花芽を食べた後は昆虫を食べるという、栄養のバランスを考えた食事方法かもしれない。 ただ、飛び方は上手とは言えない。 およそであるが、飛行ルートの予測がつくからだ。




 スピードもそれほど速くない。 ただ、ハシブトハシボソよりは速いかも知れない。 彼らの飛び方を見る限り、空を飛ぶ虫は捕食できそうにない気がするからだ。 それより何より嘴 くちばし が大きすぎてフライングキャッチには不向きではなかろうか。











観景台からの眺め
大雪山国家森林遊楽区 観景台 標高 2,600m 2012/03/01 Photo by Kohyuh
大雪山国家森林遊楽区 観景台 標高 2,600m 2012/03/01 Photo by Kohyuh
大雪山国家森林遊楽区 観景台 (Point 48km) 標高 2,600m
Observation Deck 2012/03/01 Photo by Kohyuh





 この観景台への入口は大雪山林道 48km地点にあり、約 600mと書かれていたから行って見ることにした。 道はずっと上り坂だが足場の良い段々になっていて歩きやすい。

 この観景台は鉄筋コンクリート造りの円形の三層構造になっている立派なものだった。 大雪山 3,530m から玉山 3,992m、稍来山 2,307m といった 3.000m級の山々が連なる姿を遠望できる。

 展望所では、ぐるりとイラストパネルが立ち並び、それらの山々を望める場所に位置と山名と共に標高などが示されていた。

 大雪山を見たかったのだが、霞がかかっていたこともあり、残念ながら、どれがどれやら見当がつかなかった。



 ここで例のキンバネホイビイが ・・・ 家族であろうか、五六羽 ・・・ 親しげに近寄ってきたのだった。

 そう、あくまでも親しげに 『ようこそ! お疲れ様でした』 という風に、色鮮やかに輝いて、とても可愛く思ったことだった。

 cf. 思いは不思議










同定理由 *214
・頬から首筋に乱雑に見える白い線状班
・背部と腹部は茶褐色、そこに白い斑点がある





名前の由来
 ホシガラスの名前の由来は、他の 「ホシ~」 という冠を持つものたちと同様に、羽衣に星を散りばめた様な斑紋があることに起因する。

 cf. ホシムクドリ
 cf. ホシゴイ
 cf. ホシハジロ






渡り
 ホシガラスは、台湾には留鳥として生息する。 というより、ユーラシア大陸に広く分布する。 スカンジナビア、北部ヨーロッパ、シベリアから日本を含む東アジアに至る幅広い帯状の地域に分布し、北方の広大な針葉樹林を生息場所とする。

 基本的には渡りはしないが、マツの実が不作で食糧不足が起こると一斉に生息域を離れることがあるという。
by Wikipedia





食べもの *214
 ホシガラスの食性は雑食であるが、特に、マツの種子を好み、また、それをカケスのように貯食する性質がある。 それはマツの種子散布につながり、森林再生に役立っているという。 その他に、昆虫、鳥の卵やヒナ、それに腐肉なども食べる。
by Wikipedia

 cf. どんぐりの戦略: 被食散布
 cf. 種子散布の形態








英名の意味
Nutcracker 木の実を割って食べる人
nut (堅い殻 (shell) の) 木の実、堅果、ナッツ
《クルミ・ハシバミ・クリなどの実》
cracker crack 割る(-er 割って食べる人)
by New College English-Japanese Dictionary, 6th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1967,1994,1998




関連記事
カラス科の他の仲間たち サムネイルで一覧表示






cf. ツィート過去ログ連動
 (1)_twitpic Feb 29, 2012 レンタカーで大雪山を目指す
 (1)_twitpic Mar 01, 2012 大雪山のご神木を見に行った
 (1)_twitpic Mar 02, 2012 大雪山から玉山に向かう





補注
 今回は、数日遅れではあったがツィータ twitter およびツィートピック twitpic を利用して、旅先から投稿した。 その過去の記録と連動させることによって本文を補強する。

 ここで日付は現地時間である。 時差は考慮していないので、多少のずれが発生するかもしれない。





 

台湾編(1)へ戻る




履歴
2015/04/06 twitpic 社破綻 → twitter 社統合対応
2012/07/13 バナー更新
2012/06/12 初版公開











ホシガラス (星鴉) Nutcracker (Nucifraga caryocatactes) - 旅先で出逢った鳥たち 八幡自然塾

Copyright (C)  2004-2015   Yawata-Sizenjuku 八幡自然塾